体圧分散 敷布団の特徴や効果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体圧分散敷布団 雲のやすらぎの特徴

17センチもある極厚の最高級羊毛布団で、

まるで宙を浮いているような感覚を味わうことができます。

まず、布団の構造ですが、体にかかる負担を縦の繊維で支え、



横の繊維で力を逃すという独自の体圧拡散製法
クロスクラウド方式を採用しています。






その為、体を優しく支えたうえで、布団に体が沈み込むということを防ぎます。

又、クッション性に優れいて、


通気性も抜群で耐久性もあるアルファマットを
上下2面に取り入れた、

全5層からなる布団です。

通気性がよいうえに保温性にもすぐれています。

この布団は防ダニ・抗菌防臭にも優れており、アレルギー体質の方でも安心してご使用頂けます。

こちらは両面リバーシブル加工となっ
ており、1年を通してお使い頂けるうえ、
17センチという厚さから

ベットの上でもフローリングでも快適に使用できる安心の日本製となり、
一言でいうと
布団に欲しい機能がすべて入った布団になります。






スポンサーサイト

体圧分散敷布団を使用した感想・口コミ

朝起きたときの腰痛や肩こりが緩和されてきている。


厚みがある為、収納するのが大変なのと重い。

通気性がよく、アレルギー、ダニ対策も完ぺき。

布団を干さなくても風に当てるだけで十分。

今まで使ってきた中で一番いい布団である。










布団の要素がすべて詰み込まれたような布団。

夜中に何度も目を覚ましていたのが、

体圧分散布団雲のやすらぎ
に変えて


朝まで目が覚めることがなくなった。



高機能な割に値段がリーズナブルで、試しに自分用に買ったのだがすぐに

家族の分を追加購入した。



朝起きあがるのに時間がかかっていたのが、布団を変えてからすぐに
起きあがれるようになった。


腰に隙間がなく宙に浮いているような感覚で体が支えられており、
自分の体重を重く感じることがない。


はじめは硬く感じたが、2,3日で慣れて快適な睡眠を得ることができた。

分厚い為、フローリングに直接敷いても特に気にならず、冬でも暖かい。

最初は寝苦しく感じることもあるが、数日経てば心地よい睡眠に変わる。


慣れるまでが少し大変に感じるかもしれない。






体圧分散敷布団は肩こり腰痛に効果があるの?

普通の布団は体の中で出っ張っている肩とお尻などで支えて寝る体勢となり、

沈みの大きい腰回りや胸回りにもっとも負担がかかることになります。

そうなると不安定な体勢からの寝返りにより、無意識に体に力が入る為、

筋肉への負担が大きくなり

余計に首、肩、腰を痛める原因になります。




体圧分散敷布団は、複数の点(凹凸)で体を支えることで、

体にかかる圧力を全体に拡散することでき、

腰や肩への負担を軽減するとともに、

全体で支えることによって、安定した姿勢を保つことができます。




点といっても、筋肉と同様の硬さである為、

柔らかすぎることもなく、硬すぎることもありません。


その為、寝返りも打ちやすく、首、肩、腰などの傷める原因を減らすことができます。



又、理想に近い寝姿勢を保てることで、不必要な筋肉の緊張を緩和できることにより、

腰痛などの痛み防ぐことはもちろん、しっかりとした睡眠をとることができます。




肩こり腰痛をやわらげてくれる体圧分散布団の詳細はこちらから 

    ↓   ↓






体圧分散敷布団と普通の布団は何が違うの?

人の体格は人にそれぞれ違いますが、基本的には肩とお尻が出ています。


普通の固い布団で寝ていると、
出ている肩とお尻で体を支えることになり、背中の部分が空く形になります。


この状態は寝苦しさを感じることになり、

また腰、肩への負担が大きくなり、起床時の腰痛や肩こりなどにつながります。


又、柔らかい布団は体全体が沈み込む状態で、体の面積が広い背中と腰が沈み、

他の部分が浮くという形でこちらもまた寝苦しさおよび体への負担が大きくなります。


また寝苦しさから、右へ左へと体勢を変えたりすることで眠りが浅くなり、

不眠などグッスリ眠れないことなどにもつながることもあります。



体圧分散布団とは、「点で支えて体圧分散する」という機能を持った布団であり、

人それぞれ違った体系の体に

合わせて変化する布団というものです。

ひとそれぞれ好みの固さ柔らかさがあると思いますが、

それぞれの体系にあわせた布団が必要になるのです。



体圧分散敷布団、人気NO1はこちらです
   ↓  ↓





朝起きたら腰が痛い原因は?

朝起きた時に腰が痛い原因はいくつか考えられますが、

多くは眠っている時に起こる筋肉の緊張などからくるものが多いと思われます。



疲労回復が行われているはずの睡眠でなぜそのような事が起こるのでしょう?


当たり前の話ですが、人は眠っているときは起きている時にに比べて動きが極端に少なくなります。


体を動かさないことによって、

血流が悪くなり筋肉が収縮することによって、

元々あったコリや痛み、張りを感じやすくなります。



その上、明け方になると気温が低下します。


気温の低下は全身もしくは体の一部に冷えをもたらします。

体が冷えることで全身の血流が悪くなります。

筋肉が収縮した上にさらに血流が悪くなることで筋肉内の酸素が低下し、

ますます筋肉の疲労回復が遅れてしまうことになるのです。




冬場はもちろんのこと、夏場のクーラー使用や薄着での睡眠も気をつけなればなりません。



このようなことが要因で朝起きた時に腰痛を感じることが多くなります。







ナンピンとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。